フィギュアスケート・女子シングル中心に「近所のおばちゃん目線」な観戦記。こう見えて実は同い年な荒川静香さんの事を気まぐれに記していくゆる〜い備忘録。

Entry
Categories
Archives
Comment
  • 輝け!アラサーの星☆
    ariari (10/16)
  • フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
    華 (06/09)
  • フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
    たぁこ。 (06/08)
  • フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
    華 (06/08)
  • フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
    たぁこ。 (06/08)
  • フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
    華 (06/03)
  • フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
    あすか (05/30)
  • 「関西大学カイザーズ・バンクーバー五輪応援感謝DAY」第2部
    たぁこ。 (04/30)
  • 「関西大学カイザーズ・バンクーバー五輪応援感謝DAY」第2部
    YUKA (04/29)
  • 村上佳菜子ちゃんに思う。
    たぁこ。 (04/02)
Link
Profile
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Others


スポンサーサイト
2010/08/01

一定期間更新がないため広告を表示しています


とーきょーおのぼり日記。
2010/07/20 20:43

2泊3日の東京、東伏見公演は楽しく終わりました。

両日とも午後公演のみにしたおかげで、 東京観光も満喫出来ました。

2日間の滞在で、池袋、浅草、上野、お台場…と2日の間で結構回った!

初日は池袋でプレゼントを仕入れ、自分の洋服を少し買いました。
母に貰った百貨店の商品券が大活躍でした(笑)

東武百貨店とパルコを梯子。
とーっても可愛い、アニマル型ミニタオルがあったのでたくさん購入。
ライオンをプルシェンコに(王者なので)、ゴリラを織田君に
お猿さんを小塚君(弟にしてください!と言って渡すと「弟いないんでいいですよ」と)
ひよこは千香さんだったかな?色々なスケーターにプレゼントしました。

二日目は朝からバスで浅草へ。前乗り先払いやねんで〜。神戸は後乗り後払い。
一応、その昔東京に少しだけ住んでたので知ってるけど、久しぶりだと新鮮です。
浅草では、職場のお土産と、中国人の子達にあげる浮世絵のポストカードを購入。
揚げ饅頭に焼きたてのおせんべいをつまんで、隙間から見えるスカイツリーを写真に収めた後
地下鉄で上野に移動。歩ける距離けど、暑すぎて歩くなんてとんでもない。

久しぶりに上野のアメ横をぶらぶらして、たまたま入った親子丼の店でランチ。
この親子丼が絶品♪卵とろとろでまいう〜なの!
(伊勢ろく上野店:http://www.iseroku.co.jp/home.htm

松坂屋は冷房効き過ぎだけど、佳菜子ちゃんへのアレンジのお花を作ってもらいました。
ひまわりいっぱいの大きな花束にしてもらい、佳菜子ちゃんにも喜んでもらえました。

千秋楽の後、しーちゃんファンのお友達とお台場の「居酒屋えぐざいる」に遊びに行きました!
(居酒屋えぐざいる:http://izakaya-exile.com/top.php

こう言うイベント的な場所の食べ物って、全然期待してなかったのですが
値段も思ったほど高くなかったし、味も思ったより本格的でした。
私はマツパチーノ、友人はAKIRAカレー。
デザートにKEIJIの本場具だくさんマンゴーかき氷を食べたのですが、これはお勧め♪
しっかりたっぷりのマンゴーは、値段を考えてもかなりのボリューム。
TAKAHIROのリンゴ酢ハイボールもおいしかったな。酢とハイボールは斬新!

そして、飲んでたらEXILEのメンバーが来た!
ボーカルのタカヒロさんとキャプテンの人と。トークショーしてた。
EXILEファンは大はしゃぎでした。うちら、特にEXILEファンじゃないけど(笑)なんか得した気分。
結構な時間トークされていて、ファンの質問コーナーなどもありました。

翌日に休みを取って、帰りは、一日がかりで青春18きっぷを使ってのんびり帰宅。
2300円で帰った、と言う自己満足と、やっぱり電車の中でぼけーっと過ごす時間はいいなぁ。
乗り鉄な鉄道おたくの血が騒ぐのです。考えてた事は暗い事だけど(苦笑)

浜松でトイレタイムを取り、名古屋の若鯱家でカレーうどんのランチを頂きました。
若鯱家、初めて食べたけどクリーミーでマイルドなおいしいカレーうどんでした。 

暇つぶしの本で「旅行読売」を買ったら、しーちゃんが載ってた!ラッキー!
本を読んだり、適度に寄り道をしつつだったのですが、スムーズに帰宅。
東京も暑かったけど、名古屋も神戸も暑いっすわ〜〜!!

せっかく東京にいるのに、ずーっと東伏見に張り付いてるのが嫌だったので
回数を減らして時間の余裕を作ったんだけど正解でした。
ショーも東京観光も名古屋まで満喫出来ました。


プリンスアイスワールドin東京
2010/07/18 18:11

東伏見の事をざっくりざくっと、メモ。覚えてる範囲なのですみません。
18日午後と千秋楽の2回見ました。

・小塚崇彦くん

第一部に小塚君が来るなんて勿体ないというか、贅沢と言うか。
彼もすっかり時の人、以前より声援が大きくアイドルみたいです。
若者らしいカジュアルなファッションに「やれば出来るじゃん!!」と思いました(笑)
帽子をひっかけて飛ばしてキャッチはタイミングが難しいそうです。
前半と後半で音楽が違ってて、今までのイメージにはないポップな印象です。
彼の動きを見ている「どうしてそんな動きが氷上で出来るんだろう?」と不思議に思うんですよね。
一度スケートをやった人ならみんなそう思うんじゃないかな?

・村上佳菜子ちゃん

かーなーこーちゃーーーーーん!!私の佳菜子ちゃん!(←!?)
このプログラム作った人、誉めたたえたいです。樋口美穂子先生じゃないよね?
あの愛くるしい村上佳菜子に、のっしのっしと重くねと〜っとした曲を組み合わせようとしたのか!
後半、バシバシとタンバリンで体を叩きまくり、踊り狂うパートなんかは鳥肌もの。
見れば見るほど好きになっていく、麻薬のような魅力的なプログラム。
2回と言わず、もっともっと何度でも見たい!!今後の滑りこみにも期待です。

佳菜子ちゃん!佳菜子ちゃん!と目の前を通る度に大騒ぎしたからか(笑)
千秋楽の時には、顔を覚えられて「いつもありがとうございます」と笑われてしまいました^^;
佳菜子ちゃんの昔話をすると、大きく口を開けて「あちゃ〜!」と恥ずかしがっていました。
カメラを向けると、何故か爆笑して顔がくちゃくちゃになっちゃう。
それを注意すると、更に爆笑して収拾がつかない。お茶目な佳菜子ちゃんにメロメロです。

・織田信成くん

ジャズっぽい?おしゃれなナンバーでした。紫色のシャツも似合ってた。
織田君の身体能力の高さ、存分に楽しませてもらいました。
前後開脚、スパイラルっぽいものも取り入れられていて
細かい動きが随所に取り入れられていて、見た目以上に演じてる方はハードなのかも。
ジャンプもなかなか好調のようでした。

織田君は本当に気さくで、愛想も良くて。しっかり手を握って(痛いぐらいギュッと)
ちゃんとお話してくれて感動です。4月の関大イベント行った話をすると
「あー、4月25日の!ありがとうございます!また関大に来て下さいね」と言ってくれました。
色々誤解される部分もあると思うけど、身体能力の高さは間違いないし
世界トップクラスの実力を持ってる選手。しっかり結果を出せる事を願っています。

・エフゲニー・プルシェンコさん

プル様半端ねぇっすwwww
本当に「帝王」と言うか「宇宙人」と言うか、何と言うか。
何この人の圧倒的なオーラは!!!ですよ。前を通るだけで、客席がざわめくんですもん。
2回見たけど、2回とも同じ曲なのに全く違う演技になっていました。
1回目(18日午後)は、主に南側にアピールポイントが多く感じたのですが
千秋楽では、4方向に万遍無くアピールしまくっていました。最後は客席に乱入してフィニッシュ。
印象としては、18日の方が良かったかな。8公演も滑ったら疲れちゃうよね。

ひっこむ時、テケテケテケ〜と、小走りで後進しながら帰って行ったのがツボ。
大爆笑がしーちゃんの演技まで収まりませんでした(笑)

プル様、なんとなーく怖そうなイメージ(気軽に話しかけちゃいけない感じ)でしたが
ファン1人1人にしっかりと対応されていました。1番人気でしたね。
身近で見るとカッコ良かったし、香水のいい香りがしました^^
プル様って言うけど、私と同世代なんだよね…
(つい最近まで、ヤグディンってめっちゃ年上だと思ってたけど、学年2つしか変わらないんですよね)

・荒川静香さん

エル・フラメンコ。プル様の後でプレッシャーもあったと思いますが、
そこは我らが女王様、貫禄の演技を見せてくれましたよ。
いつも以上に、プル様の後だからか?気合と言うか、指先まで神経の通った
気迫のようなものも感じられましたし、相変わらずジャンプの質も高い。
「この人の演技は安心して見られる」と言う安心感が客席にもあったかも。

フィナーレでも気合満々。久しぶりに3T-3T(若干グリってたのはご愛敬)
3-3-2-2-2など、プル様に負けず劣らずの宇宙人っぷり。
Twitterでもやり取りがあったのですが、現役を退いて4年も経ったスケーターです。
28歳と、スケーターとしては決して若い年齢ではないです。
なのに、現役女子選手でもあまり飛ぶ選手がいない、3回転-3回転をやっちゃうのです。

そんな話を、フォロワーさん達とやり取りしたのを思い出し、ふれあいタイムの時に
「荒川さんもプルシェンコに負けないぐらい宇宙人だと思うんですけど」
「いつまで3-3を跳べるのかを見届けるまでファンは止められません」と言ってしまいました。
いつまで飛べるんですかねぇ〜、と言っていました。

スケートの話は「ランビエールに振付してもらわないの?」と尋ねたら
「首が痛くなりそうですよね」さらっと言うもんだから、周囲の方々も笑っておられました(笑)
次の日「首を鍛えてランビエールに振付してもらってください」と言ったら
えへへ〜と笑いながら、首を抑えるような仕草で「機会があれば…」と言っていました。

スケートとはあんまり関係ない話も。
「PopStar!(iPhone/iPodtouchのゲーム)は何点ぐらいですか?」
「最近やってないけど35000点ぐらいです」
「私はまだ22000点ぐらいなんですよね〜」
「11面ですね」(←とっさに出てくるなんてどんだけやりこなしてるのかと(笑))

PopStar!
http://itunes.apple.com/jp/app/popstar/id307751675?mt=8

今度おすすめしようと思うゲーム「破壊者」
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=379390640&mt=8&ign-mpt=uo%3D6


プリンスアイスワールドin金沢(千秋楽)
2010/07/04 17:31
急きょチケットが手に入ったので、金沢に行ってきました。

PIWチームに大波乱があった様子。

大好きな高井朋子姉さんがいなかった…朋子ねえさぁぁぁぁあああああん!!
コスプレ婦警さんとか、かっちょいい椅子とか居なくて寂しかった。
鈴木誠一さんが怪我したそうで、上を向いて歩こうが中田誠人さんのソロになっていた。

大波乱の中、大型新人のコバヒロこと小林宏一さん(元ジャニーズ)が大活躍!
元ジャニーズは長身で華があるし、引退して間もないからか
まだしっかりとアスリートの体つきしてるんだよねぇ。
背が高くてイケメンで、リズムの取り方1つにしろ目立つし華がある。
3-3とかやっちゃうし、踊りが上手だし、ショー向けの人物。
そしてコバヒロファンは多いし熱い。 コバヒロはPIWに来るべくして来たスケーターだと思う!

小耳に挟んだ話、エッジが壊れたそうで、鈴木誠一さんのエッジを
本田さんに交換してもらって急遽使ったそうですよ。 それで3-3とかやっちゃうんだから凄い。

松橋さんと蛯名さんがオモロー!だった。
蛯名さん、電車プロの時に大はしゃぎで客席を煽っていらっしゃいました。

大島アツシさんのバックフリップ…最近ちょっとヒヤッとする事が…無理しないでくださいね。

ゲスト。順不同でざっくりと。

太田由希奈さん

アイスダンサーみたいな長いスカートでピアノレッスン。
新横浜より滑りこなせててますます素敵です。 ひとりアイスダンスみたいで麗しゅうございます。
曲の編集が秀逸。最後の最後で「あ、ピアノレッスンや!」と言う有名なパートが来る所が。
コスチュームがゴージャスになってた気が。衣装持ちですねぇ。

村主千香さん

会場で「やっぱ姉妹って似てるよねー」と、村主姉妹ヲタと村元姉妹ヲタの意見が一致。
滑りが時々章枝さんに見えるんだよね。千香さんはイーグルとかキレイなのに、
かぐや姫でもソロでもエアリアルは、ちょっとPIW側は演出を考えるべきだったんじゃないかな。
千香さんの滑ってるプログラムが見たいです!

浅田舞ちゃん

久しぶりーーーー!!シャバダバシャバダバー♪の曲は、友人曰く「11PM」
私は「ジャワティーのCM」でジェネレーションギャップが。 しーちゃんは絶対後者!!
これ、ショー向けのかなり楽しいプログラム。
ノリノリで、客を踊らせ、バッキュン!で〆(←まさか妹のライバルを意識?)
ジャンプは…かろうてじて2Aって感じでした。 かなり楽しかった。元気そうで良かった。

本田武史先生

今回は新プロ。やっぱ武史はそうでなくちゃ!の珠玉のバラード。
U2のジーニアス、あれはあれは良いけど、本田武史と言えばバラードだもんね。
たっぷり長めのイーグルもあり。ジャンプもまずまずの調子でした。
溜めとか、何気ないしぐさとか、大人の男性ならではよねぇ。
セカチューやハナミズキほどのインパクトはないけど、王道のナンバーでした。

村上佳菜子ちゃん

Be Italian。動画でちょこっと見たけど、生で見るとイイ!!
この世界観を演じられる16歳…恐ろしい子!
3-2-2、3S-2Aのシークエンスなど、ジャンプも絶好調。
タンバリンで身体をばしばし叩きながら踊ったり、 タンバリンを持ちながらのスピン。
くど〜いしぶ〜い女性の声に意外とマッチしていたのが驚きです。
好き嫌い別れるかもだけど、佳菜子ちゃんの表現の幅に驚かされました。

フィナーレで、多分3-3飛ぶつもりだったんだと思うけど 最初でパンク。
急きょアクセルをつけるも、パンク。 リベンジのアクセルもパンク。どーしても決めたいと飛ぶもパンク。
意地になってる佳菜子ちゃんに萌え〜♪

鈴木明子さん

EX版のウエストサイドストーリー。 オフシーズンですよね?と、聞きたくなる位キレキレ。
スピードが凄い。 後半のマンボ、指さしからの盛り上がりが半端ねぇ。
バンクーバー思い出して、思わず鳥肌&涙が出そうでした。
何回も見てるけど。関大の時は指差しされてキャーキャー言ってたけど
今日はぐっと引き込まれるような、圧倒的なパワーを感じました。

高橋大輔さん

ランビエールが作ったよ、と言う先入観を持てば、ランビエールに見える部分はあるけど、
思ったより、ランビランビしてなかったけどな。 バチェラレットを思い出す不思議プロ。
バレエダンサーのようなエレガントな動きも取り入れられていて
これだけ踊れる選手だからこその作品だって思った。

競技プロとしては、ちょっとどうだろうね?いくつか用意していて、評価を見るらしいけど。
 
3F高いよなー。ぽーんといとも簡単に飛んでしまう所も不思議さをひきたててるように思う。

最後のいい所で、男性が「大輔最高!」って…
気持ちはわかるけど、しっとりプロの最後のマイムで…自重して…

フィナーレでは、4Fコケーの、リベンジの3Aでも転んでしまい
悔しい!と言わんばかりに、しばらくうつぶせになって凹んでました。
とにかく、何をやってもキャーーーー!!の大声援が凄かったです。

荒川静香さん

エルフラメンコでした。 大輔フィーバーで盛り上がったあと、堂々のトリです。

時の人あとでも見劣りしないどころか、その空気を自分のものにしちゃうって凄いよね。
この人の2Aっていったい何?ってぐらい
今日のアクセルは横幅が凄かった。高さではなくて、幅と流れ。
物凄いスピートから、ひょいっと繰り出される。いつ見ても鳥肌立つんですけど。

ちょっと変なスピンをやってたり、同じプロでもどんどん進化していく。
彼女のプロは、どのナンバーも何度見ても飽きない。
そして、いつも一定のハイクオリティを維持出来てるのも凄い。

フィナーレは、スパイラル(だったかな?)
イナバウアーで帰ると見せかけ、最後にちゃっかり3T。
ちゃっかり3Tは新横浜でもやってたっけなー。
照明が当たってない、さりげない所でやっちゃうのが憎めん。

春関いってきた。
2010/06/08 21:15


関東のスケートファン仲間から
「佐々木彰生君のフリーが大変な事に!」
と、言う話を聞いて、めっちゃ気になってたんですが、
運よくお目に掛る事が出来ました。

電車が遅れたせいで、予定より20分遅れで会場に到着。
ちょうど、近藤琢哉選手の演技の終盤。
大歓声が起きており、後に聞いた話ではかなり好調だったとの事。
四定戦で観戦しましたが、ジャンプの調子良くなかったもんねぇ…

息を整えながら、ファン仲間の待っててくれた座席へ。
観客席と、呼ぶには??な雛壇っぽい簡易なスタンドですが。
ちょうど、あきお君がリンクに出てきた所。
コスチュームは、確かにヤツを意識しているのはよーくわかる。
遠巻きに見ると「なんちゃってマイケル・ジャクソン?」かも(笑)

最初に3A!両足着氷ながらも降りました!会場がどよめく。
来シーズンの採点なら、中間点を貰えるのかも。
このようだと、練習ではコンスタントに降りてるんじゃないかな?
やるじゃん!と、思いきや、その後のジャンプが…
4回の転倒に、他のジャンプもいまひとつ。
タノルッツでは、手を挙げたまんまステーン!と…痛そう。
「3Aを降りちゃって動揺しちゃったのではないか」と言う説が…(笑)

ジャンプは置いといて。(シーズン中の試合で頑張れ!とエールを送りつつ)

特筆すべきは特に2つのステップ。
これがめっちゃおもしろい!水を得た魚、みたいに暴れる!暴れる!暴れる!
ステップに切りかわる音楽の編集も秀逸で
「はいここから盛りあがりまっせー」的な分かりやすさ。
アピールもめっちゃ楽しい!ロングサイド中央、多分ジャッジの反対側かな?
きっちりアピールポイントがあったので、ファンはそこを抑えるべし!
このポイントに当たれば、100倍楽しめるはず。

終始笑いっぱなし、突っ込みの連発。試合とは思えない楽しさ。お腹痛い!
しかし、あんなに転倒しまくったのに、こんなに盛り上がるのって無いよね。
転倒すら振り付けみたいな。本当に試合でやっちゃうんですか??

曲は、アップテンポなエレクトリカルパレードがメインで
途中で、しっとりしたピアノパートがあって
見せ場のステップには、しっかり盛り上がる曲を持ってきていて、編曲が秀逸。
音源見つけてきて編曲した方も振り付けされた方も
コスチューム作った方も、踊るあきお君も…みんな最高!
大体さ、大学2年生の男子にミッキーマウスをさせる発想がありえないよ。
ノービスのチビッコじゃあるまいしね。それが出来るあきお君は凄い!

シーズンが始まり、各試合でこの演技がどう評価されるのか?
海外の試合でやったら、どんな反応になるのか?めっちゃ興味あります。

もう1人。あきお君の後で滑った、最終滑走の土生浩貴選手。
四定戦で初めて見た選手でしたが、こちらもまた楽しいカルメンメドレー。
ありとあらゆるカルメン、カルメン、カルメンの盛り合わせ。
ちょっぴりセクシー!?に、身体をくねらせたり
クスッと笑える、細かい振り付けが散りばめられています。
四定戦では、全体的に元気がなさそうな印象でしたが、
今回はジャンプも安定し、客席に指差しアピールして笑う余裕まで。
強化選手のあきお君に引けを取らないアピール力でした。

この2人が続く滑走順は「奇跡の滑走順」として、話題になりました。

女子もちょこっと。

聞くところによると、怪我をしている選手が多く、
シーズン中程の好演は無かったです。
シーズン中、我慢して頑張った分今になって出てくるんでしょうね。

石川翔子選手が、一番無難にまとめた印象。
大学生になって、垢抜けてエレガントな女性になったし
コスチュームのセンスが良いし、スタイルもいい。眼福です。

高山睦美選手は、見事なルッツを決めたにも関わらず
後半、変な転倒の仕方で辛そうでした。大丈夫かな?

小原美咲選手。密かにお目当ての選手でした。うふふ。
最初のコンビネーションジャンプはしっかり決められましたが
以降、まとめるのに苦労されてた感じですね。
だけど、あの高さのあるトゥーループは見ててテンション上がったし
インカレで改めて演技を見て、強く惹かれたのもこの元気なトゥーループ。
最初だけでも見られたのは良かったです。

長谷川遥選手は、きびきびと身体の動きがキレイ。
スピンがとても美しく、独特のシットスピンに思わず歓声!
あのポジションは文章と言うか、言葉でどう表していいかわからなくて
「得も言われぬ独特のスピン」と言ったら、周囲に笑われました(笑)


欲張りな一日。
2010/05/30 23:00

5月29日、しーちゃんの出演した「フレーバーコスメティックスグランドオープン」
トークショーを見た後、東大和スケートセンターで開催された
「関東学生フリースケーティング大会」を観戦すると言う
非常に濃い日帰りの一日でございました。楽しかった!でも疲れた…^^;


夜行バスで7時前に到着。同行する方と新宿駅で待ち合わせして電車でGo!
大宮から「高崎線」に乗らないといけないのに、宇都宮線に乗ってしまう(笑)
そろそろ到着してもいいのに?と思い、よくよく見てみると…
大急ぎで次の停車駅で降り、大宮に引き返しましたとさ。
結果、1時間ほど到着が遅れたものの(笑)無事に鴻巣に到着。
外はかなり肌寒かったのですが、会場の中で待たせてもらって良かったです。

レポートはこちら…
フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
フレーバーコスメティックスグランドオープン(その2)←しーちゃんの結婚観はここ
フレーバーコスメティックスグランドオープン(その3)

トークショーは、思ったよりあっさりした印象だったのですが
しーちゃんの、その場に応じた話題をしっかり提供出来る頭の回転の良さ!
女性の社長で、コスメのイベントと言う事もあって、お客さんはほぼ女性。
スケートの話題よりも、女性同士の内輪話的な感じだったように思います。
「好きなタイプの男性」なんてさ、女同士の飲み会の話題やん!
公の場で、あんなに彫り下げて、男性の好みを語る荒川静香なんて…アリです!


15時30分にイベント終了。
埼玉県の鴻巣から、東京の東大和市への大移動。
タクシーで急いで駅まで戻り、電車を待ちます。
予定していたのは、16時10分発の湘南新宿ラインで池袋→山手線で高田馬場
高田馬場から西武線に乗り換えて、17時44分に到着。
7・8級男子の半分ぐらい見て、7・8級女子の演技を見る計画でした。


が、ここで突然「高崎線の運転を見合わせます」


はぁーーーーーーーーーーーーーーーーー?????????
しーちゃんのお見送りもパスして、さっさと駅に戻ってきたのに
運転を見合わせますだぁ??ふざけるなーーーー!!!と怒り心頭。


男子が間に合わないのは仕方がない、女子に間に合わなかったらどうするねん!
女子でどうしても見たい選手がいるのに!
しーちゃんのイベントだけなら、わざわざ遠征するのは考えものだったけど
「春関が同じ日にあるよ」と関東のファンの方に教わって
イベントとの梯子が出来るとわかって、だったら遠征しちゃえ!と出て来たのに!


↑と、言う非常に自分勝手な理由なんですが(情けない…^^;)
何で今日この時に限って!と、一人イライラして悪態をつきまくる大人げない私。


結局、20分ほどで運転再開。
電車に乗った後はスムーズに移動出来て、予定より20分遅れて東大和市に到着。
高田馬場〜西武線の乗り換えが思ったよりスムーズで、
予定の電車より1本早いのに乗る事が出来ました。ここで挽回出来たという感じ。


初めての東大和スケートセンター。
駅降りたらすぐ!迷う人はまず100%ないだろうと言う位。
雨の日でも、濡れずに移動出来るんじゃないかしら。
ざっと見た限りでは、下町の中にあるリンクみたいな趣を感じました。
この日の事を教えてくださった知り合い以外に、何人かの常連さんとお会いし
「何でわざわざきたの?」「さっちゃん出たっけ?」と不思議がられました(笑)


近藤琢哉選手の終わりかけと、松村成選手・佐々木彰生選手
土生浩貴選手の3名と、女子は全選手見る事が出来ました。
中村健人選手は、会場には来ていたものの棄権された様子。

レポートは後日で…すみません。
今、一言言うなら「東大和に4分半のディズニーランド!」でしょうか。
衝撃のミッキーマウスが現れました。あれ?女子目当てで観戦しにいったのに
インパクトと話題はミッキーマウスに持っていかれたぞ??
これは是非、記しておきたい所なのでお時間をくださいm(_)m


教え子さんが出ているとの事で、関めぐむコーチがいらっしゃっていました!
自販機でコーヒー買ってたら、すーっと通りかかる長身のイケメンに
つい見とれてしまい、ガン見してしまった所、あちらから会釈して下さいました。
(誰だこいつ?とでも思ったのでしょうか…すみませんでしたm(_)m)
あと、中田誠人さんや新井亮さんもいて、ちょっとしたPIWでした(笑)
話掛けはしなかったものの、PIWきってのイケメンであるご両人を拝見出来て眼福。


今日取ったバスは、ちょっと早めのバスだったので、一足はやく退散。
結果確認&表彰式まで見送る事が出来ず残念でした。
短い時間ではありましたが、関東のファンの方々にお会いできて楽しかったです♪
どーしてもラーメンが食べたくて、新宿駅の「坂内食堂」で
喜多方ラーメンを大急ぎで食す。あっさりスープで美味しかったけど、
味わう時間は無かった。今度来る事があったら、ゆっくり味わいたいものです。


そんなこんなで、バタバタと忙しない日帰り遠征でありましたが、楽しむ事が出来ました。


フレーバーコスメティックスグランドオープン(その3)
2010/05/30 22:56

・最近食べたもので美味しかったもの


「食べるのが好きなので、何でも美味しいです」


談合坂SAの黒蜜きなこソフト。(上りのSAのみで発売?)
先日、野辺山のマラソンイベントに行った時も食べた。
「海老名SAもいいけど、談合坂SAはいいですよ!談合坂は下りがいい」
サービスエリアについて熱弁する金メダリストって…(笑)


談合坂SA(上)http://www.c-exis.co.jp/sapa/detail_3/081310834.html
(下)http://www.c-exis.co.jp/sapa/detail_3/082310835.html


横浜中華街「梅蘭」の「あんかけ五目ヤキソバ」http://www.bairan.jp/pc/


あんかけは、普通あんが上に掛っているけれども、梅蘭は中に閉じている。
見た目は円盤のようで、割ると中からとろりと餡が出てくる。
「新横浜のリンクで練習していて、帰りに良く寄る」
港北のららぽーとにもあって、牛肉辛口がおすすめ。


・もしスケートをしていなければ?


「よく聞かれるけれども、考えられません。
スケートをしていなかったのが人生で5年ぐらいでしたから」


何かしらのスポーツをしていたかもしれない。
スケートを始める前、スイミングをしていたが、続けていたかはわからない。
今だとお母さんになってたかも。(結婚できない事を)
スケートのせいにしてはいけないけど、同世代のスケーターが
子供を連れていると「そうだよなぁ…」と思う。でも今は、子供の代わりに犬がいる。

(独身が犬を飼い始めると、犬の世話に夢中になって婚期が更に…と言われますが^^;)


・アイスショー構成で大事な事、FOIの話


チームワークを大事にしたい。楽しみを共有したい。
お客様、スタッフ、スケーター、1人でも欠けては仕上がらない空間。
スケーターが、氷上に立てるのはお客さんやスタッフのおかげ。
全ての人達に、1人1人に目を掛けたい。


FOIの構成はまだ何も決まっていない。
にも関わらず、お客さんが早々とチケットを手にされ
期待をしてくださっている事にプレッシャーを感じている。
ギリギリまで考えたいが、スタッフには「やめてください」と言われる。
その時の流行、やりたい事、求められている事などが変わるので
出来るだけギリギリまで考えて、その時のニーズに応じたい。
自分がやりたい事よりも、相手の求めている事をやりたい。
今ならば、何も決まっていないので、して欲しい事があればリクエストして欲しい。


スケーターには声を掛け、キャスティングは決まりつつある。
5年間の評価には刺激を受ける。1人でも多くの人に「次」と思えるようなショーにしたい。


続いて抽選会。しーちゃんからは、ブランケット3枚と
「フィギュアスケートを100倍楽しく見る方法」の計4つを提供。

当選者は壇上にあがり、しーちゃんからサインと名前を入れてもらい
直接手渡ししてもらうと言う羨やましいサービス。


ブランケットの当選者には「アイスショーにも遊びにいらしてください」
本を渡す時に「今年からルールが変わっちゃったんですが」
「昔のルールになるのですが、昔のルールを学んでください」
と、言いながら手渡ししていました。ナイスフォローです(笑)


フレーバーコスメティックスグランドオープン(その2)
2010/05/30 22:52

・好きなタイプの男性

女社長が「みなさんの今気になっている所だと思いますが…」
と、言うと会場から笑いが起きる。


好きな芸能人で、との事で「芸能人って事は見た目って事になりますかね」


「私は薄い顔なので、彫の深い顔が好きなんです」
「EXILEさんは顔も濃いし、キャラも濃い。濃くて黒い感じ(エヴァン!?)
14人其々の個性があって話の面白い人が好きです」
「濃いは濃いでも、濃さを極めるより、ちょっと甘め」
「セミマッチョが好き。程よくついた筋肉が。人間らしい(笑)」


「誰も興味ないと思うのですが」と、前置きした上で(笑)
女社長は「王子様タイプが好き。白っぽい。タッキーのような」
「私、滝沢さんと同い年なんですよね」と、しーちゃんが言うと
客席から「えーーー!!」とどよめきが。女社長もびっくり。


白熱したトークは、何故か、客席巻き込んでの対決に…
「甘ワイルドでセミマッチョVS王子様系」
は、男性司会者曰く「560人VS300チョイ」で甘ワイルドの勝ち。


・荒川静香の結婚観


「出来るなら、ですよね。今は」と、さらっとボケつつ
子供の頃は、ある程度の年齢がきたら自然と結婚できると思っていたが
現実はそう甘くはなかった(笑)最近は、結婚よりも子供が欲しい。
子供が欲しいなら、若い方がいい。そっちの方に焦りを感じている。
今なら鬼ごっこが出来るけど、5年後に出来るかは分からない(笑)
スケートを一緒にするにも、若い方がいい。


「亭主関白な人がいいorそうでない方がいいか」について。
意外と言う事を聞く方なので、亭主関白の相手ならそれについていく。
夫婦は意志疎通、対等がいい。お互いを理解しようと出来る相手がいい。


・ストレス解消法


「嫌だな、と思っている事に対し、本当に嫌だと思っているか?を
よく考えるようにしている。見つめ直したら、大した事じゃないかもしれないから」


食べる事、お酒を飲む事。「お酒は何でも飲みます」
人と一緒に過ごし、楽しい空間を共有する事。
共有出来れば、食事だけでお酒がはいっていなくてもいい。
「あとペット」犬を4匹飼っていて、御世話をしていると
考える暇がない位動きまわっている。それがいい事。
何かに没頭できると、その間だけはストレスを忘れられる。
自分が何が好きで、何が心地よく感じるか。
いくつか用意しておくと、ストレスを感じるたびに
それぞれの趣味に没頭し、ストレスを忘れられるのではないか?
趣味を増やし、自分を探す事。
女社長は「韓流ドラマ」だそうで「よく再放送してますよね〜」


ここで「水、いかがですか?」と、自社商品のミネラルウォーターを進める。
コスメに使用している水で「主張がなく自然に入ってきますね」
ちなみに、これ。同じものをお土産でもらいましたが、まろやかな味でした。


・フレーバーコスメを使用した感想


肌にすっと入っていく。ナチュラル感があって、残ったり浮いたりしない。
最初、手に取った時はドロッとしていて「これ本当になじむの?」と半信半疑だった。
脂っこいと、皮膚から浮いてくるが、それもなくナチュラルが長続きする。
「次の体験談お願いしてもいいですか!」女社長も感動のプレゼンテーション。


シャンプーをした後、ドライヤーで乾かすと
温風が顔に掛かって水分が抜け、乾燥しやすい。特に冬場。
そこで、水分パックをしながらドライヤーをする事にしているとの事。
温風と言う過酷な環境!?に対し、皮膚が水を一生懸命蓄えようとしている。
メイクをする時間が長く、化粧崩れをする事がなくなった。
足りない水分をコントロールしようと、水を出すのが化粧崩れの原因だと思う。


バンクーバー五輪では、毎日濃い目のメイクを自分でしていた。
長丁場の仕事では、化粧直しをする暇がなかったので、
どうしたらいいか?を考えた結果、上塗りするのではなくて、元々のものをコントロールする。
やり過ぎ、与えすぎも返ってよくない。ドライヤーを当てる位の時間がちょうどいい。
しーちゃん、この一石二鳥美容法をオススメしていました。

その3に続く


フレーバーコスメティックスグランドオープン(その1)
2010/05/30 21:51

5月29日、クレアこうのすで開催された
「フレーバーコスメティックスグランドオープン」に行ってきました。

さすがコスメのイベントだけあって、社長もスタッフさんもお客さんも女性、女性、女性。
男性は、お偉いさんとごく一部のしーちゃんファン(←私の友人です^^;)
「嫁に連れられて来たけど場違いだなぁ」と、居心地悪そうなおっちゃんとか(笑)
女性だらけのイベントだったので、トークも女性ならではの話題が多かったです。
今までのトークイベントとは違ったものがありました。

第一部は、社長の挨拶や商品開発の話、体験談など。
ごく普通の化粧品会社の式典みたいな感じでした。

しーちゃん絡みと言えば、アドバイザー代表の方の挨拶が面白かったです。

会員300人少しなのに、社長は「1000人のホール抑えたから!」
最初はワクワクしていたけれども、冷静になって考えて…大丈夫なの?
どうやって人を集めるの?と、不安に思ったのですが

「 そ こ で 荒 川 静 香 さ ん で す 」


この日は、先約の仕事があったにも関わらず
こちら側からすると「諦めない気持ち」で、あちら側からすると「しつこい」
交渉を経て「荒川さんを抑える事が出来たんです」との事。
その方は、お友達を誘う際「荒川静香ちゃんが来るの!見にこない?」
「…でも、一応コスメのイベントなんだけど」と、言う風に声を掛けたそうです。


荒川さんは凄く魅力的な女性で…と、いかに素晴らしい女性であるかを
熱弁されていました。途中で我に返っておられましたが(笑)


いよいよ2部。FOI2009のキッズコラボの映像が流れ、
登場した瞬間生バンドがトゥーランドットの演奏を始める。

今日のしーちゃんは麗しいパープルドレス♪
スカートが斜めになっていて、片膝がちらりと見えています。
会社の社長さん(以下「女社長」)と、司会進行の男性との3人。


女社長、開口一番「緊張されてませんか?」しーちゃんクールに「大丈夫です」
緊張しないように見えるけど、意外とアガるタイプである。
頭が真っ白になる事もある。スケートではそう言う事は無い。
トークはプロスケーターになってから4年で、やっと少しずつ慣れ始めた。
回を重ねて慣れたら、自分らしくいられる。
よくポーカーフェイス、感情が表に出ないと言われるけど、緊張はする。

「緊張されてませんか?」と、質問する女社長の方が緊張してますからーーー!!!
と、心の中で突っ込みを入れたのは私だけではあるまい(笑)

・美しさの秘訣とスリムな体型の維持

事前に会社のHPから質問を募集していました。
一番多かった質問だそうです。「美しさは女性の永遠のテーマですよね」

活き活きと過ごす事。元気でいる事。
いくら、メイクやファッションで外見を飾っても、内面から滲み出るもので変わってくる。

スタイルに関しては、運動をしているから。
今はスケートしかしていないし、スケート以外の特別な運動はしていない。
現役時代は必要に応じた陸上トレーニングをしていた。

健康的な食生活を送る事。
25歳を境に、食の好みや量が変わってきた。子供の頃のスタイルに戻った!?
中高生の頃は、食欲旺盛でふっくらしていた。
食べものの嗜好、食事のタイミング、量が昔とは違う。
身体に悪いものが好きで、スナックなどのジャンクフードが好き。
食べ過ぎにより「プツプツが出る」
身体に現れる=かなりの量を食べている事で「まずいなぁ」と思いつつ
プツプツが治まると、また忘れて食べてしまう。
身体のサインが出るまで忘れてしまう。出てからでは遅いのは分っているけどつい忘れる。
「忘れっぽい性格なんです」「継続する事が苦手」


大変な道に自分から飛び込む勇気、向上する気持ちを忘れない事。
「そのままでいいや〜」と思うと、そのままズルズルとしてしまうので常に心がける事が大事。

・オリンピックの目標を持ち始めたきっかけ


小学校に入ってから、TVで見て「フィギュアスケートは五輪の種目なんだ」と知り
漠然とした目標を抱き始める。明確になったのは、小学校高学年頃で
長野五輪の開催が決まり、伊藤みどりさんの会見を見て「長野に見にいきたい!」
「いつか出られたらいいな」と思ったが、当時は観戦する事の方が夢だった。


目指したらいけるかも?と思ったのが、中二か中三のころ。
ジュニアからシニアに上がれば、長野五輪に間に合う。シニア参戦がきっかけ。
「出られなくても次の五輪があるし」「一か八か的な」
「シニアに上がって進む所まで進んでみよう」と言った、漠然とした思いだった。


・金メダルの秘訣、五輪において意識している事。


「物事を楽しんで続ける方法を見つける」「メダルの取り方なんてありません」


好きでやっていれば、苦痛ではない。向上する気持ちを持ち続ける事が大事。
長野五輪後、2度目の五輪に出るとは思っていなかった。
その頃まで競技を続けているとは思っていなかった。
ソルトレイク五輪の時は、自分も学生だったけれども、
トリノ五輪は、自分達より下の世代の大会になると思っていた。
「現実的に五輪の舞台に立てるなら目指そう」
トリノ五輪の一年前にくだした決断は、自分でも意外なものだった。


いいものを見てこられた。人に伝えるだけの経験が出来た。
出たからと言って、1回だけじゃ魅力を伝えるには経験が足りない。
何故、五輪がいいのか。何故、目指す価値があるのか。
それを後輩達や、周囲に伝えられる程、自身が楽しめて良かった。


その2に続く。


「関西大学カイザーズ・バンクーバーオリンピック応援感謝DAY」第1部とよもやま話
2010/04/27 03:12

「関西大学カイザーズ・バンクーバーオリンピック応援感謝DAY」行ってきました。

同伴の連れの人がギリギリに来てから入ったら、
「スタンドは満席なので」と言われ、リンクサイドに…後々ありがたい場所になるのですが
その時は「立見かー」と。その頃には、すでに学長さんの挨拶が始まっていました。

花束贈呈は、宮原知子選手と安原綾菜選手より。
集合写真でスタンドマイクを退ける織田君(笑)
(織田君GJ!&選手にやらせるなよ!とツッコミ)



高橋大輔選手と織田信成選手のトーク。
客席から反対側の壇上で(試合の時はジャッジ席に当たる場所)
男性と女性アナウンサーと4人での対談形式でした。
挨拶の時もだけど、とにかく聞き取りにくい。
リンクサイドだから?特に大ちゃんの声はボソボソとしか聞こえず。
声が聞こえないし、2人はこちらから遥か遠くにいる。
暖を取りに外に出たら、外のスピーカーの方がよく聞こえるし!
日向ぼっこしながら、会話を聞いていた中で、印象的だったのは大ちゃんの
「羽生君が4人目の世界ジュニアチャンピオンになり、
僕たちより下の世代の男子も伸びてきました。
そんな中で、俺について来い…と言うのは言い過ぎですが
僕が率先して男子フィギュアを盛り上げていきたいです」
的コメント。
俺について来い!と言いきらず躊躇するのが彼らしいよね〜と笑ってしまいました。



その後の抽選の商品は、当選者+高橋織田の2ショット写真でした。
それらが終わり、1時間ちょっとの休憩時間。芝生の上でピクニック状態。



管理棟の前で、村元さっちゃんを見かけたので、ご挨拶していたら
背後からひょっこり織田君が出てきた!そのままスケート部員達と一緒に繰り出し
グランドでサッカーを始めるではありませんか!え〜!織田君いいの?
バレたらパニックなるで〜、と心配していましたが、気づく人はそんなに多くなく。
カメラを向けてる人たちも居たけど、織田君は全然気にする様子もない。
帰りは、気づいた人から握手を求められたりしながら、足早に管理棟に戻られました。



第2部のエキシビションの様子は、こちらに掲載しています。




終わってから、こんな素敵なお土産を頂きました!
高橋君と織田君の写真入りファイルが2枚。レアなものです。



右の青いのはパンフレット。中身はこんな感じ。
ただでさえ、こんな素晴らしいショーを無料で見せて頂いたにも関わらず
お土産まで用意して下さるなんて…関西大学さん、太っ腹!!!



終わってから、グランドでカメラを構えた人達が大勢。
物々しい警備も増え、何事?と思って見ていたら…記者会見でした。
まずは、高橋大輔選手。続いて織田信成選手。
囲み取材の後からも見られ、多くの人垣が出来ていました。



記者会見を終えた織田君、ちょっとだけファンサービスに応じてくれました。
若い子達に「おだりん」と呼ばれたり、嬉しさの余り?抱きつく女の子にも
ビックリしつつも気さくに明るく対応していました。近所のお兄ちゃんみたい。
私もせっかくの機会なので「織田君今日はお疲れ様でした」と、声をかけたら
「ありがとうございました!」と笑顔で返してくれました。
ちょっと無精ひげが濃かったけど(笑)、今日のEX同様素敵なSmileでした。



これだけの大々的なイベントは、そう簡単に開催出来ないと思いますが
本当に素晴らしいイベントだったので、五輪のこの年だけでなく
継続的に続けて頂きたいですし、もっと多くの人達に見てもらいたいなと思いました。


「関西大学カイザーズ・バンクーバー五輪応援感謝DAY」第2部
2010/04/27 03:04

無料の招待イベントでこんなに豪華なショーが見られるなんて!


入場するのが遅くなり、スタンドが満席だったのでリンクサイドで立ち見した第1部。
そのまま、同じ位の場所を取ったら、そこはショートサイドのど真ん中に当たる場所。
結果的に立ち見で良かった!フェンス越しではあるけど、
こんな特等席、アイスショーで狙っても買えませんよ。いや〜ん、もう大満足です。

室内消灯され、ライトアップされた関大アリーナのリンク。
いつもの関大アリーナじゃない!
何度か来ていますが、いつもは何の変哲もないただのアイスリンク。
照明も何もないいつもアイスリンクでやると思ってたら、アイスショーみたいで感動。


さすがTV局、立派なオープニング映像が流れた後、1人ずつコールされリンクに出てきます。
全員出てから、群舞っぽい踊りをしていたのですが、見事にバラバラでした(笑)
BGMは、さすがテレビ朝日系列のABC。マキシムのワンダーランド。


宮原知子選手


黒い瞳。キュルッとシャープな3Loを見せてくれるも、転倒が2度あり
安定感に欠けてた気がしましたが、どんな時も堂々とされています。
小柄なのに何だか妖艶。中1でこの貫禄と妖艶さだから、将来が楽しみです。


安原綾菜選手


マスク。長野ですっかりお気に入りのマスクを再び。真っ白な衣装が大人っぽい。
宮原さんとは1学年しか違わないのに、背が高いからか随分お姉さんに見えます。
ちょっと今日は緊張気味だったのかな?スパイラルがぐらついてしまったり。
見せ場のトゥステップは、ロングサイドから見た方が伝わりやすいのかも。


細田采花選手


猫の尻尾をつけてキャッツ。メモリーではなく、躍動感溢れる元気なナンバー。
若者らしくて○。2A2回は安定して着氷。鋭いアクセルが久々に見られて嬉しかったです。
今シーズンは、余り調子が良くないシーズンでしたが
気持ちを切り替えて、来シーズンに臨んで欲しいものです。


村元小月選手のレポートはこっちにたっぷりと記してあります。


キム・チェファ選手


エビータ。ゴージャスなエビータは、さすが大人の女性の雰囲気です。
このプログラムの編曲が好きで、壮大な曲で出だし〜ステップのリズミカルなパート
最後はまた壮大な曲で締める。メリハリの利いたいい編曲です。
ふんわりアップのヘアアレンジが可愛かったです。
あと。スパイラルのポジションの豊富さ!改めて、間近で見て身体が柔らかいんですね。


澤田亜紀選手


「戦場のメリークリスマス」関関戦用の3分プログラムとして自作されたそうですが
余りにも素敵なので、是非新SPで!とリクエストしました。
初見の時も感動したけど、今日はスポットライトが当たっていてより雰囲気が出ていました。
スポットライトに照らされたビールマンスピン。
青いコスチュームがキラキラ光り、幻想的で神々しい美しさでした。
ライトに照らされて、ストレートラインステップを踏む姿…
いつもの亜紀ちゃんとは違う!はぁ…と、ため息が出てしまいました。
初めて見た時、可愛い!と話題だった青いコスチューム。
それが今回のショーで良く映えていました。キラキラしてキレイだった!
亜紀ちゃんもお気に入り、評判のいいこのコスチュームも多分これで見納めかな?


製氷時間を挟み、五輪演技鑑賞と言うコーナーでは
織田選手のSP・高橋選手のフリーのそれぞれ映像が流れた後、いよいよ演技。


五輪代表選手の4名は、ただただ「さすが」としか言えませんでした。
ジュニア、関大生と言う順番で、いかにこの4人のレベルが違うか
同じリンクの中なのに、スケーティングもリンクの使い方も
技術的なもの・表現的なもの…安定感もだし、全てにおいてこうも存在感が違うのか!
そして、こんな凄い4人をこんなに間近で見られて幸せでした。


鈴木明子選手


ボーカル版のウエストサイドストーリー。
マンボのステップ前の、指差しウインクキターーーーーー!
キャー!私にウインクしてくれたー!と、騒いでしまいました(笑)
実は、私の後ろで見ていた某選手に向けてなんですが
(あっこちゃんに「指差しするからこの辺に居て」と言われたらしい)
あれを間近で見るなんてなかなか無い!あの破壊力は半端ないっすよ!
同性ですがハートを射抜かれました!ドキドキがしばらく収まりませんでした〜。

真面目に見てたのですが、ウインク見た瞬間全てがぶっ飛びましたm(_)m


小塚崇彦選手


珍しく最初のハイドロでつまづく…え〜〜〜〜!!
そこ以外は安定していて、相変わらず巧みなスケーティング。
いかに細かい動きを取り入れているか、それを自然にこなしているか、目から鱗。
シャツ裏返しもばっちりでした。軽やかな動き、堪能できました。
サタデーナイトフィーバーもそうだったけど、彼はセクシー系だったり
キワモノっぽい事をやろうとしても、品があり過ぎて爽やかになってしまう。


織田信成選手


「Smile」抜群の安定感と、柔らかい動きを間近で堪能できました。
投げキッスとか、バイバ〜イ!とか、見ていて幸せになる名プログラム。
チャップリンは、SOIで見ても「2009-2010最高の名プログラム」と思っていますし
Smileも織田君のキャラクターならではだな〜と、改めて思いました。


アンコールは「チャップリンメドレー」のストレートラインステップから。
ギャー!!!ストレートラインステップがこっちに迫ってくる〜〜!
TVで見ても、足首や膝の柔らかさはよく分かりますが
生で見たら、腰や股関節の動きまでよく分かる。下半身の各関節を余す所なく使っていて
なおかつ、上半身の振り付けもあって、あのステップがこんなに激しい動きなんて!
同伴者共々感動。やっぱり凄いね〜!今回このショーを見て、1番感動したかも。


高橋大輔選手


「道」のショートバージョン。
まずは男らしく4Fトライ!ステップアウトでしたが、その男気に大歓声でした!
続いて3Aも決めたかな?こちらも大歓声。
その後、花を渡す。ステップの綱渡り、何をやっても大歓声。
1回だけ、アクセルが派手にパンクしてしまったけど、それ以外はさすがの安定感。
最近、高橋大輔の名前を聞かない日が無い位、多忙な毎日だと思いますが
それなのに、これだけ安定しているって凄いな〜とただただ感心なのです。


アンコールはeyeのステップ。今の高橋大輔選手は、何をやらせてもヨッ!色男!
手の動き、ステップの足さばき、表情…何処をどう切り取っても色男。
それは客席も同じで、動くだけでキャーキャー大声援が起きていました。


あっと言う間にエンディング。ジュニアと関大スケート部は3人ずつ
五輪選手は1人ずつコールされ、それぞれ登場しました。
やっぱりグッダグダのフィナーレ(笑)でしたが、それなりに様になるのは五輪代表選手達。
最後、リンク一周回って終了。皆さんお疲れ様でした!!


1 / 14
←prev next→
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.